シロアリよりも怖い防除薬剤

考えてみてください。そもそもシロアリの予防は、何のために行うのでしょうか?

シロアリが怖いから?気持ち悪いから?家を守るため?

一番の目的は人の命を守るためではないでしょうか?人を雨や風、災害などから守ってくれるお家。身体を休めるお家。その家がシロアリの被害を受け必要な強度を失ってしまったら・・・。地震などが来た時に大変なことになってしまいます。そんなことにならないように予防をするのです。エコボロン宮崎南は、シロアリの予防をとおして人の安全と財産を守らなければならないと考えています。

 

しかし、現在の一般的なシロアリ予防はどうでしょう?

その現状について少しご説明してみましょう。

   

 

農薬の数百倍もの使用量

 

シロアリ防除剤のほとんどは、農業用殺虫剤をベースに、更に強力な殺虫効果が出るように多くの添加物を加えています。そのシロアリ防除剤の単位面積当たりの殺虫剤の使用量は、なんと農薬の数百倍。

散布の後には、通常の農薬とは比べ物にならないほど危険な薬剤と隣り合わせで生活することになります。

シロアリ防除剤の影響で、「健康状態が悪化した」「化学物質過敏症になった」などの事例は本当に多いのです。

 

 

シロアリ防除剤(農薬)がシロアリになぜ効くのか?

 

そもそも、農薬はシロアリや農作物を食い荒らす害虫にどういった作用をしてきくのか?そしてその薬は、「臭いもしないし、最近の薬は改良されているから!」「国が認めているから大丈夫!」と業者がみんな口をそろえて言うが本当に安全なのか?人には害はないのか?

もちろんあります。農薬は、害虫の神経系にダメージを与え駆除します。そんな薬が人の体に入ってしまったら・・・。ぞっとしますね

残念ながら有機系薬剤ですので少しずつ揮発して体内に入っていきます。

 

安全であったら少しでいいから飲んで見せてほしいものです。

※ちなみに弊社のエコボロンは飲めます。

 

以上の内容から通常の防蟻処理は、エコボロン宮崎南が目指す人の安全を守るという部分で目的が達成されないため室内へ通常薬剤の使用をしないことにしました。

 

 

 

わかりやすくまとまっている資料がありましたので読んでみてください。

※ダウンロード後両面印刷をして冊子にしてください。

 

 

ダウンロードし終わりましたらこちらへ→    >>>>>>>防蟻薬剤について

 

 

 

新農薬が脅かす ミツバチ・生態系・人間①
①.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 980.5 KB
新農薬が脅かす ミツバチ・生態系・人間②
②.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
新農薬が脅かす ミツバチ・生態系・人間③
③.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
新農薬が脅かす ミツバチ・生態系・人間④
④.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB
新農薬が脅かす ミツバチ・生態系・人間⑤
⑤.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 636.6 KB
脳の発達障害/子供の異常行動
書類.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB